2016年 第14回 はしご酒大会を11月9日、10日に開催いたします!

LINEで送る
Pocket

毎年恒例となりました、はしご酒大会を今年も開催できることに特別な想いでいっぱいです。
4月には熊本に大きな打撃を与えた「熊本地震」があり、熊本市中心部も大きな被害を受けました。
中には営業できなくなったお店もあります。
熊本のシンボルでもある熊本城も瓦が落ち、石垣が崩れるという大きな痛手を負いました。

それでも尚、凛と建ち続ける姿に熊本県民は励まされ踏ん張り続けています。
はしご酒大会も開催を危ぶまれましたが、「こんな時こそ」、「こんな時だから」そんな想いで開催を決定いたしました。

第14回と節目の回数ではありませんが、今年のはしご酒大会は特別な大会になると思います。
奮って友人、仲間とご参加ください。

2016年はしご酒大会概要

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

  1. 全世界的に広がっている新型コロナ(COVID-19)ですが、飲食店や商業施設などにもかなりの影響が…
  2. 11月6日、7日に行われた令和最初の熊本はしご酒大会は、2000名を超える参加者にめぐまれて無事終…
  3. 2019年のはしご酒大会もいよいよ明日開幕です! 今年は123店舗の飲食店が参加しており、今年か…
  4. 熊本市中央繁栄会連合会が主催する毎年恒例のイベント「熊本はしご酒大会」の日程が決まりました!今年は…
  5. 夏木ゆたかっていましたね。いえ、何の関係もないんですが、字面が似てるなぁって。 さて…
銀杏中通り
”西銀座通り"
城見町通り
ページ上部へ戻る